足湯で簡単デットクス~効果を倍増する方法!!

2017-12-28

足湯は、海外では古くから補助医療として利用されていたそうです。

日本でも100年以上も前から風邪や熱、発汗促進などの看護技術の1つとして用いられていたようです。

現在では、デットクス効果やリラックス効果、睡眠を促す効果や健康促進などに良いと認められれるようになり一般的に広まるようになりました。

また、足のふくらはぎは、第二の心臓といわれていて足腰に貯まりやすい血流をポンプのように心臓に送り返す働きがあります。

その足が冷たく冷えていて血流が悪いと、心臓にうまく血液を運ぶことができず冷え性や肩こり、高血圧や頭痛などの様々な病気の原因になります。

足湯は、お風呂に入るよりも心臓や血圧に負担がかからないのと気軽にお部屋の中でも簡単にできるので便利です。

足を温めることで全身の血流を良くし、新陳代謝を高め老廃物を排出することを促してくれます。

 

足のむく・ダルさ解消にも効果的な足湯デットクス

女性にとって一番気になるのは何といっても足のむくみですよね!

足がむくむと足が重くなりだるさにも繋がります。

そんな時足湯は、血流を促し新陳代謝を高めるので足のむくみにとても効果的です。

また、足の冷えが原因で脂肪が固まり固定してしまうセルライトの予防にもなります。

足湯をしながらマッサージをすると効果が倍増します。

 

足湯をしながらマッサージ

足にはたくさんの血管やリンパがはり巡っていて、流れが滞ることからむくみがきます。

むくみを改善するには、滞りを促すことが重要です。

足には身体の各部位と繋がっているツボがあるといわれています。

その中にはリンパを促すツボがありますので、少し圧をかけながら押します。

このように足湯をしながらマッサージをすることで効果が上がりますのでチャレンジしてみて下さいね

(あまり強すぎるマッサージやツボ押しは避け、少し痛気持ち良い程度にしましょう。)

 

 

 

アロマオイルをプラスしてリラックス効果

足湯の中にアロマオイルを1~2滴たらすだけで香り成分で身体や精神を癒やすことができます。
(アロマオイルは、少しの量で効果がありますので入れ過ぎには注意して下さいね

 

用途別アロマオイルの種類


‹リラックス›

・ラベンダー・サンダルウッド・パチュリー

・ローズ・イランイラ・オレンジ・ジャスミン

 


‹女子力アップ›

・ローズ・ゼラニウム・ジャスミン

・イランイラン・ローズマリ・チュベローズ

 


‹ロマンチックな気分に›

・イランイラン・ジャスミン・ローズ

・オレン・チュベロー・ネロリ・クラリーセージ

 


‹冷えやむくみ、デトックス›

・ジュニパーベリー・イランイラン・ローズマリー

・ゼラニウム・オレンジ

 


‹スッキリ、記憶力アップ›

・ローズマリー・ユーカリ・レモングラス

・ペパーミント・レモン・オレンジ

 


‹ブルーな気分の時に›

・ベルガモット・ロー・ローズウッド・オレンジ

・イランイラン・サンダルウッド・チュベローズ

 


‹元気になりたいときに›

・グレープフルーツ・ローズマリー・ゼラニウム

・レモン・ペパーミント・ローズ・サンダルウッド

 


‹ダイエット›

・グレープフルーツ・サイプレス・ジェニパーベリー

・ローズマリー・キンモクセイ・レモン

 


‹カラダの臭いが気になるとき›

・サイプレス・グレープフルーツ・レモン

・ティーツリー

 

アロマオイル使用時の注意点


100%天然の精油を使用して下さい。

(科学的なものは有効効果がないばかりか、身体や精神に害を及ぼします。)


使用量は守って下さい。

(アロマオイル原液は濃縮液です。基本的にはお肌への直接塗布は禁止されています。ラベンダー、ティートリーはO.Kです


光毒性の含まれるアロマオイルは、日中光にあたる前などは避ける。

  • ベルガモット(光毒性が最もが強い)

(光毒性のないベルガモットもあります。ベルガモットFCF(フロクマリンフリー 光毒性の原因であるフロクマリンを取り除いたもの)

  • グレープフルーツ
  • レモン
  • アンジェリカ・ルート

光毒性についての詳しいことはこちらを参考にして下さい。 【外出前にとると危険な食物 光毒性ソラレン】

 

「妊娠中の使用について」

通経作用(生理不順を改善したり生理を促す作用)のあるアロマオイルは、子宮収縮の危険性があると言われていますので、使用は避けて下さい。

  • クラリセージ
  • サイプレス
  • シナモン・カッシア
  • ラベンダー
  • カモマイル・ローマン
  • ローズ
  • ローズマリー

 

分娩促進作用・子宮強壮作用のあるアロマオイル(香りを嗅ぐ位では陣痛が起きたりすることはないでしょうが、念のため控えた方が良いでしょう。)

  • ジャスミン
  • クローブ
  • サイプレス
  • シナモン(葉)
  • パルマローザ

陣痛を促すためにマッサージオイルとして使うとスムーズな出産の助けになるでしょう。

幼児(3歳未満)の使用は避けた方が良い。

(日本アロマ環境協会 AEAJのガイドラインによると3歳未満の乳幼児には、芳香浴法(お部屋に香りを広げる)以外はお勧めしていません。)

 

日本酒で美肌と血流アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

1.日本酒に含まれる「アルコール」には、血流を良くする効果があります。

2.日本酒には「コウジ酸」が含まれていて美白効果があります。

3.日本酒に含まれている「オリザブラン」には、しっとりスベスベにする美肌効果があります。

 

重曹で毒素を排出を促進

重曹には、有害物質を解毒させる力がありますので、ぜひ使われてみることをお勧めします。

天然塩と合わせて使うと効果的です。

詳しいことはこちらを参考にして下さいね♪ ⇨ デットクス効果(毒出し)を高める入浴法

 

まとめ

 

足湯デトックスは、本を読みながら、テレビを見ながらなどのでちょっとしたスキマ時間に気軽にできるのが良いところです。

それに何といってもリラックス効果が高く、睡眠前に行うとスムーズに睡眠に入りやすくなります。

お風呂に入れないときや身体が冷えている時、夏場でもクーラーによる冷えなどにも効果的です。

足湯には、様々な健康効果がありますが美容効果も高いので嬉しいですよね

ぜひ試してみて下さいね