リフレクソロジー(足ツボ)の反射区を刺激すると得られる効果とは?

2017-09-28

足ツボと聞くと、「ぎゃー!!」と、悲鳴をあげるほど痛いイメージがありますよね!

そんな足の裏には身体の神経と密接につながっているツボがたくさんあります。

心臓から送られてくる血液やリンパ液は、心臓から一番遠い足先まで行きまた戻っていきます。(リンパはリンパ節に戻ります。)

その働きをスムーズに促しているのが「第二の心臓」と呼ばれているふくらはぎです。

また、足の裏には全身の様々な器官と繋がっているツボがたくさんあります。

ツボを押して痛みを感じるようであれば、その器官が弱っていたり疾患があることがわかります。

病気を未然に防ぐ手助けにもなる足ツボで、しっかりデトックスしましょう

 

リフレクソロジー(足ツボ)とは?

リフレクソロジーとは、反射療法とも呼ばれ、主に足の裏の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こるという考えに基づき、疲労の改善などをはかる療法である。語源は、reflexと-ologyを合わせた造語であるとの説が有力。
「リフレ」と短縮して呼ばれることもある。
引用元  ウィキペディア

 

反射療法とは?

反射区(各器官や内蔵に繋るといわれる抹消神経の集中箇所)を刺激することにより、体のその部位が活発になる療法です。

「ツボ」1点であることにたいして、「反射区」一箇所づつの範囲にが広い面です。

ツボは、経路といわれている人のエネルギーの通り道上にある点であるのに対し、リフレクソロジーの反射区は各器官に対応する面(ゾーン)のことを示します。

このように文面上では、わかりやすいようにリフレクソロジー(足ツボ)と記載していますが、リフレクソロジーと足ツボは少しだけ意味あいが違います。

 

足ツボは、中国経由の主義で、人間の体にある経穴というツボ(点)を押したり刺激したりする東洋式の療法です。

 

リフレクソロジーは、アメリカが発祥地で反射区を刺激するリラックス効果を中心にした西洋式の療法です。

 

足裏反射区チャート(表)

 

反射区が痛いと病気なの?

ハリや痛みを感じるから病気だということではありません。

その器官が健康を維持するために頑張りすぎて、機能低下している可能性があります。

反射区に刺激を与えることで、対応する器官を活性化させることができます。

 

副作用はあるの?

大昔から人は裸足で歩いていました。土などからの刺激を受け健康を維持していたと考えられます。自らの力を最大限に発揮する自然療法ですので、副作用はありません。

 

リフレクソロジー(足ツボ)のやり方

 

床の上に座って行うのが一番やりやすいと思います。

あぐらを組み片方の足を膝の上に載せて足の裏を上に向けます。

 

最初は軽い刺激から始め、徐々に強くしていきます。

押す時に息を吐くようにして下さい。

 


「マッサージの順番」

 

左足の排泄機能を司る腎臓・輸尿管・膀胱の反射区から始めます。

親指~小指(1本づつ:指の側面~爪の生え際まで)

足の側面~くるぶし~すねの内側

足の側面~くるぶし~スネの外側

足の甲~足首~ひざ上~ひざ裏~ソケイ部(股:また)

腎臓・輸尿管・膀胱・尿道の反射区をもみほぐし、右も同じようにします。

 

1ヶ所を5~10回揉みほぐします。

時間は、30分以内に抑えて下さい。

 

マッサージオイルやクリームなどをつけてから行うとお肌にも優しく美肌効果が得られますよ

 

リフレクソロジー(足ツボ)の効果

 


老廃物の除去

細胞の活性化により、細胞の正常化作用から尿量が増えたり匂いや色の変化が見られることがあります。また、熱っぽく感じられたりと好転反応(調整反応)が出る場合があります。


むくみが取れる

血流やリンパの流れが良くなり新陳代謝がアップするため余分な水分が排泄されます。

 

冷え性の改善

血流が良くなり体温が上がり冷えの改善になります。

 

ダイエット

血流が良くなり基礎代謝がアップし痩せやすい体になります。

 

頭痛・肩こり・腰痛などの痛みの軽減

各反射区を刺激することで、各器官へのダイレクトな活性化が促されます。

 

美肌

血流やリンパの流れが良くなることで、お肌の毛細血管まで酸素や栄養が行き届き美肌へと導きます。

 

ホルモンバランスを整える

生殖腺や子宮、前立腺の反射区を刺激することでホルモン分泌を促します。

 

など、身体の様々な器官に良い作用があると言われています。

アンチエイジングのためにもぜひ、活用なっさて下さいね♥♥♥