薄毛・白髪にひまし油でマッサージ&頭皮デトックスで若さを取り戻す方法!!

2017-11-01

頭皮は、毎日のシャンプーでキレイにしているつもりの方が多いと思いますが、実はキレイにするために使っているシャンプーには大きな問題があります。

普段生活している中で汚れた空気(排気ガス、煙草の煙、揮発性の燃料、工場の有害物質の排煙など…)を経皮吸収( 皮膚を経由して物質が体内に吸収)しています。

経皮毒は腕の内側を1とした場合、性器が42倍、脇が3.6倍、頭皮が3.5倍です。

頭皮からも多くの有害物質を吸収していることが、近年の研究で数値化されるようになってきました。

しかし、皮膚がすべてを吸収してしまうわけではなく、皮膚には有害物質を防いでくれる機能が備わっています。

皮脂膜や角質層がバリア機能の役目をしていて、有害物質を防いでいます。

また、皮膚は微細な細胞からできていてウイルスやバイ菌なども通さないほど細かい分子構造をしています。

ですが、有害物質の中には分子構造が皮膚構造よりも微細なものがあります。

そのような物質は、いとも簡単に皮膚から体内血管の中へと侵入してしまうのです。

その代表的な物質が実はシャンプーやコンディショナー、ボディソープなどに含まれています。

頭皮のデトックスをすることを考えたら、まず頭皮に有害物質を溜めないことが先決です。

いくら頭皮デトックスをやっても上から有害物質入りのものを使っていては、意味がありませんので、シャンプーのことについて少しお話したいと思います。

 

シャンプーに含まれている成分について~

シャンプーに含まれている成分が頭皮に悪いようだということは、多くの方が知るようになってきましたが、真剣に受け止めている方はまだまだ少ないのが現状です。

昔は、薄毛は男性がなるものだというのが世間の常識でした。が、今では、女性にもドンドン増えていっているのが現状です。

しかも、若年層に増えています。

それに、薄毛だけではなく若白髪の人がほんとうに多いことにビックリします。

冷静に考えてみたらほんとうにおかしいと思いませんか?

一昔前からしたら今のこのような状態は異常としかいえません。

このようなことになるのは、シャンプーやコンディショナーに含まれている有害物質が大きな原因だと思います。

その中でも、合成界面活性剤の「ラウリル硫酸ナトリウム」の影響は大きいと考えています。

原因である粗悪なシャンプー類を使うのを止めて、頭皮に良いシャンプーに変えることで毛が生えてきた方の話をよく耳にします。

 

なのでまずは、正しいシャンプー選びから始めましょう

正しいシャンプー選びのコツはこちらを参考にして下さい。 以外に知らない!薄毛・抜け毛の原因はあるものが原因だった!

 

 

 

頭皮の仕組み

 

基本的には、皮膚の構造と同じです。

違う部分は、頭皮には髪の毛がたくさん生えているところです。

毛穴が多い分、皮脂の分泌が多く毛穴にその汚れが溜まりやすいです。

さらに髪の毛が熱をこもらせやすくし、汗をかきやすい部分でもあります。

汗と皮脂と熱で頭皮は悪玉菌ダニが繁殖しやすい環境が整っていますので、頭皮を健康に保つには、正しいケアが大切です。

間違ったケアを続ければ、頭皮は痛み薄毛や抜け毛、白髪になりやすくなります。

 

正しいシャンプーの方法

 

 

 

 

頭皮デトックスの方法

海外サイトでもかなり評判になっている「Castol Oil」(ひまし油)は、薄毛や美肌などにとても効果があると言われています。(英語 Castol Oilで調べてみると多くの口コミや効果が書かれています)

元もとは、工業用のインクや塗料、石けんや化粧品、下剤などの医療品などに使われています。

また、むかしから整髪料のポマード(ヘア用のジェル)として使われてきました。

 

ひまし油の効果

ひまし油は、ヒマ(トウダイグサ科:トウゴマ)という植物の種子からとれ、脂肪酸の約90%がリシノレイン酸(Ricinoleic Acid)であるため、他の植物とは違った特別な脂肪酸を持っています。

 

リシノレイン酸(リシノール酸)は人体内では小腸粘膜に著しい局所刺激作用を与えるため、腸管がぜん動作用を起こし、瀉下(しゃげ)作用(下痢を起こす働き)が起こります。こういう理由で食用には適しませんが、便秘薬として医療に使われています。

 

ビタミンE、ミネラル、タンパク質、オメガ6、オメガ9などのメリットの高い脂肪酸が含まれています。

 

天然の抗菌作用と抗真菌特性(しんきん:カビ)をもっています。

 

老廃物の排泄を促し免疫力をアップさせる作用があります。

 

リンパや血流を促進して代謝をアップさせる作用があります。

 

 

ひまし油の頭皮効果

 

 

デトックス効果
頭皮に溜まっている有害物質を吸着し排泄を促します。

 


育毛効果
リンパや血流を促し毛髪に栄養を運ぶ作用があり、育毛を促進します。

 


汚れを落とす
頭皮の余分な油分や汚れを落とすクレンジング効果があります。

 

抗菌効果
リシノレイン酸(リシノール酸)は、様々なウイルス、バクテリアなどの増殖抑える効果があるといわれています。

 

保湿効果
頭皮や毛髪の保湿効果が高く、しなやかでツヤのある髪の毛へと導きます。

 

 

ひまし油ヘアパックのやり方

 

シャンプーする前の濡れてない髪の毛に塗布します。

1.手にひまし油をとりよく温めます。(ひまし油は濃度が濃いのでドロ~っとしているので温めることで少しゆるくなります)

2.片方の手の平にひまし油を移し、指を使って頭皮の地肌に少しずつ塗っていきます。(先細のスポイド状になっているものがあれば移し替えて、直接頭皮に垂らすとやりやすいです)

3.髪全体にひまし油を伸ばしなじませます。

4.全体に塗れたら指の腹でマッサージします。

5.ラップで包むか、ホットタオルで包みます。(両方やると効果大)

6.お湯に使っている間(5~10分くらい)待ちます。

7.ひまし油は濃度が濃くなかなか落ちにくいので、しっかり洗い流します。

8.コンディショナーなどをお使いの場合は、いつものようになさって下さい。

9.使う回数は、ご自身の頭皮や毛髪の様子を見て決めて下さい。(週1~2回ぐらいが適当かと思います)

 


ひまし油は、冷温圧搾法(コールドプレス)の未精製なオーガニックひまし油を使って下さい。溶解摘出法のものは、工業用の溶剤を使って高温処理し精製されているため美容効果は低いです

オーガニック キャスターオイル 未精製(ひまし油)500ml エドガー・ケイシー療法

市販のひまし油の多くは、栽培過程で多くの殺虫剤を使用しており、製造工程で化学薬品による加工で、有効成分が破壊されていたり、化学物質が残っていたりする場合があります。

 


ひまし油は、かなり濃度が濃くドロドロしていますので、くらぐれも使う量に注意して下さい。シャンプーで落とすのが大変なんで…(洗い上がりがベタベタになります:cry: )少ないかな~というぐらいが良いかと思います。また、他のキャリアオイル(スクワラン・アーモンド・ホホバ油・ライスブランオイル・オリーブオイル・カメリアオイル(椿油)などと混ぜて使うと使いやすくなります。
ヒマシ油を使う前の注意事項~
アレルギー反応がないかどうかを確認の上、使用して下さい。

 

会社 ロゴマーク

 

ビタミンC誘導体全身美容オイル 500ml ¥3,024税込)
ヒマシ油を混ぜて使うのにとても良いですよ♪私は頭皮マッサージや全身の保湿に使っています。ヒマシ油の量は、ヒマシ油1:オイル1 か ヒマシ油1:オイル2 位を目安に混ぜて下さい。

エミューボディミルクローション ラベンダー 50g  972円(税込)
エミューボディミルクローション ラベンダー 200g  2,592円税込

シルクパウダー 20g ≪詰替え用≫ 【メール便選択可】1,080円(税込

まとめ

ひまし油の効能は、かなり多くあります。

美肌、疲労回復、眉毛やまつげの育毛、美白、シミ、便秘、筋肉痛、真菌感染治療(インキンタムシ・水虫)、関節痛、イボ、ニキビなど…

安価でたくさんの効果があるひまし油は、中世ヨーロッパでは皮膚病の治療に用いられたり、インドでは便秘や炎症性腸疾患、膣感染症や膀胱炎など様々な症状に伝統的に使われているようです。

また、ひまし油は、エドガー・ケイシー療法でも有名で、ひまし油を塗布して治療していたそうです。

「ひまし油湿布は、発汗系から吸収されることで、その効果が高められる」

「ひまし油は心身の機能を適正に導くために蝶つがいに、さす潤滑油のようなものだ」

「人生の中でひまし油に出会えた人は、それだけで幸運な人である」

と言われています。

毎日の生活の中でヒマシ油を有効に使って心身共に健康で、若々しくイキイキとした毎日を送りましょう